デビットカードのお得な使い方!生活に役立つ活用術

キャッシュレス決済ができるカードといって、デビットカードを思い浮かべる方はどれくらいいるでしょうか?

どちらかというと、クレジットカードやカード型電子マネーの方が主流なイメージですよね。ところがこのデビットカード、使ってみると案外、活用度が高く、便利に使える決済サービスなのです。

今回はそんな意外と知られていない、デビットカードのお得な活用術を詳しくご紹介していきましょう。

Contents

銀行口座から即時決済!デビットカードの基本の仕組み

まずはデビットカードの基本的な仕組みを確認しておきましょう。デビットカードとは、店頭でカード決済をすると同時に、連携している自分の銀行口座から利用額が直接引き落としされるという仕組みのキャッシュレスサービスです。

クレジットカードと同様にお店でカードを提示するだけで支払いが可能ですが、後払いではなく自分自身の口座からの即時決済になるというのが、デビットカードの最大の特徴と言えます。

即時引き落としという特性上、支払い方法は1回払いのみとなり、利用限度額はありません。原則として、連携している預金口座に残高がある限りは支払いに利用することができます。

当然ですが、口座残高が不足していたり、ゼロの時には使えません。

海外でも使える!ポイントも貯まる!クレカとデビットカードの共通点

デビットカードは決済方式こそ違うものの、クレジットカードと似ている部分も少なからずあります。

その1つが、国際カードブランドの加盟店で利用できるという点です。

デビットカードはクレジットカードと同じくVISAやJCBなどの国際カードブランドと提携しており、各ブランドの加盟店で支払いに利用することができるのです。

国内ではもちろん、海外の加盟店でもクレジットカードと同じように決済ができるので、非常に活用の幅は広いといえるでしょう。

また、これもクレジットカードとの共通点として知っておいていただきたいのですが、デビットカードにもポイントサービスを備えているものが多数あります。

ポイント還元率はカードによって異なりますが、例えば楽天銀行デビットカードでは、利用額100円ごとに1ポイント、つまり1%の高還元率で楽天ポイントが貯まります。

使い勝手の良さ、お得さという点では、実はデビットカードにもしっかりとメリットがあるのです。

デビットカードなら審査不要でカード作成可能!

一方で、クレジットカードとは大きく異なる部分が、デビットカードなら審査不要でカードを作れるという点です。

クレジットカードでは、加盟店での利用分をいったんカード会社が代理支払いし、それを翌月の請求時に清算するという後払いの仕組みをとっていおり、支払い時点でのお金の有無に関係なくその場では決済が完了したことになります。

こうした仕組み上、クレジットカードを持つにあたっては一定の経済力と信用力が必要になるため、入会時の審査が必須です。

その点、デビットカードは預金口座からの即時決済となるので、口座にお金がないのに支払いができるということはあり得ません。

だからこそ、デビットカードなら審査不要でだれでもすぐにカードを手にすることができるのです。

これは、クレジットカードにはないデビットカードならではのメリットと言えるでしょう。

キャッシュレスで支払いをしたいけれど、クレジットカードだと審査に時間がかかったり、通らなかったりするのが不安という方には特に、デビットカードは頼れる支払い方法となりますよね。

デビットカードとクレジットカードの機能・サービスを一覧で比較

デビットカードの仕組みが一通り確認できたところで、いちどその主な機能やサービスを、クレジットカードと比較しながら一覧でまとめてみましょう。

項目 デビットカード クレジットカード
支払い方法 連携銀行口座からの即時決済 後払い
支払い回数 1回払いのみ 1回払い、2回払い、分割払い、リボ払いなど複数の支払い方法あり
利用限度額 設定なし
※カードによる
設定あり
使えるお店 提携国際カードブランドの加盟店
※一部除外あり
提携国際カードブランドの加盟店
審査 なし あり
ポイントサービス あり
※カードによる
あり
※カードによる

こうしてみてみると、デビットカードはクレジットカードとの支払い方法の違いという大きな差異はありつつも、キャッシュレス決済サービスに必要な利便性やお得さはある程度のレベルで備えていると言えそうですよね。

特別な優待特典などは基本的に付帯していないものの、純粋にキャッシュレスで支払いができるカードを1枚持っておきたいという方であれば、全く不便なく活用できるでしょう。

手持ちのキャッシュカードがデビットカードに!J-Debitとは

デビットカードには、ここまでご紹介してきた国際カードブランドとの提携のもの以外にもう1つ、『J-Debit(ジェイデビット)』というタイプがあります。

J-Debitは手持ちの金融機関のキャッシュカードをそのまま加盟店での即時決済に使えるというサービスです。

ゆうちょ銀行やみずほ銀行、三菱UFJ銀行といったメガバンクから地方銀行や信用金庫まで、幅広い金融機関のカードがこのJ-Debitサービスに対応しています。

国際カードブランドの提携デビットカードと同様に、店頭でキャッシュカードを提示するだけで決済が完了し、支払い方式も全く同様に連携口座からの即時決済となります。

加盟店数も全国で2万軒以上と、決して少なくはありません。ただしVISAやJCBなどの国際カードブランドと比べてしまうと、数ではどうしても見劣りがしますし、現時点では国内でしか利用することができません。

手持ちのキャッシュカードがそのまま使えるので、新たにカードを作る必要がないというのは1つのメリットですが、使い勝手の面ではやはり国際カードブランドの提携デビットカードをおすすめします。

キャッシュカードと一体で便利!デビットカードの使い方を解説

デビットカードの使い方についても、簡単に解説していきましょう。デビットカードは基本的に支払い専用のカードではなく、連携口座がある金融機関のキャッシュカードと一体型になっています。

カード1枚で預金口座の取引も、即時決済でのショッピングもどちらにも使えるというわけですね。

ではいざショッピングに使いたいという時には、どのような手順で進めればよいのでしょうか?

お店でのショッピング…クレジットカードと同じように使えて便利

デビットカードの基本の使い方は、クレジットカードとほとんど変わりません。

加盟店でカードを提示して、『カードで』あるいは『1回払いで』と店員さんに伝えるだけで支払いが可能です。

クレジットカードと同様にお店や支払い額によっては暗証番号、またはサインが必要になることがあります。暗証番号はカードを作る際に必ず設定するので、忘れないようにしてください。

なお、ここで注意してほしいのが、『デビット払いで』とは言わない方がいいということです。

『デビット払いで』と伝えた場合、先ほどご紹介したキャッシュカードでデビット払いができるサービス『J-Debit』での支払いと勘違いされてしまうことがあるので、VISAなどの国際カードブランドのデビットカードを使っている場合は、この言い方はしない方が無難でしょう。

ネットショッピングでもデビットカードは利用可能!

デビットカードは、インターネットショッピングでも支払いに利用することができます。

ネットショッピングで使う場合も、クレジットカードと同じようにカード番号や有効期限、カード裏に記載されたセキュリティコードなどを入力すればOKです。

ネットショッピング用にカードが欲しいけれど、後払いだと支払いが心配だという方にも、デビットカードはおすすめの支払い方法を言えるでしょう。

デビットカードは海外ATMで現地通貨を直接引き出し可能!

デビットカードは海外の加盟店で使えるのはもちろんのこと、海外ATMで現地通貨を引き出すこともできます。

海外の旅先でも、国内での口座取引と同じような感覚で自分の口座から直接お金を引き出すことができるのはとても便利ですよね。しかも、現地通貨になって出てくるので、両替の手間もかかりません。

ちなみに、この海外ATM機能を利用する際の暗証番号は、デビットカード用の番号となっています。ATM利用ですが、キャッシュカード用の暗証番号では通らないので、注意してください。

クレジットカードより使える!?デビットカード5つの活用術をご紹介

クレジットカードと似ているようで意外と違うデビットカードですが、馴染みがない分、どうやって活用すればよいのかわからないと感じる方も多いかもしれません。

そこでここからは、デビットカードならではの機能や特徴を生かした5つの活用術をご紹介していきたいと思います。

  • 家計管理に
  • お子様のおこづかい・生活費用に
  • クレジットカード審査が不安な方に
  • 海外旅行に
  • お子様の海外留学にも

即時引き落としだから家計管理が便利!家計簿アプリ連動もオススメ

まず幅広い方におすすめしたいデビットカードの活用法が、家計管理です。

デビットカードは即時引き落としなので、後払いで実際にお金が引き落とされるまでに時間差が生じてしまうクレジットカードよりも、家計管理がしやすくなります。

例えば生活費専用の口座を作って、そこに毎月の金額を決めて入れておいたうえでデビットカードと連携すれば、常に月間の利用状況や残高を意識してやりくりをすることができるでしょう。

加えて、デビットカードをスマホなどの家計簿アプリと連動するのもおすすめです。

家計簿アプリにはクレジットカードやデビットカードなどのキャッシュレスサービスと連携できるものも多数あります。

ここにあらかじめデビットカードを登録して利用すれば、自動的に使ったお金がカテゴリ分けされて家計簿ができていくのです。

これならいちいち後から自分で集計する手間もありません。家計がスムーズに『見える化』できるので、より楽に、そして合理的に家計管理をすることができるようになること間違いなしです。

管理がしやすく支払いも便利!お子様のおこづかい・生活費用にも

お子様のおこづかいや生活費用に持たせておくカードとしても、デビットカードは向いています。

デビットカードはクレジットカードとは異なり、だいたい15歳、16歳くらいからの未成年でも持つことができます。

例えば高校生になったお子様のおこづかい用として専用口座を作ってカードを持たせておけば、お金の使い方も自然と学べますし、いずれお子様が自分の名義でクレジットカードを持った時の予行演習にもなりますよね。

また、大学進学などで親元を離れたお子様の仕送り用としても、デビットカードは非常に便利です。

ただ単に預金口座にお金を入れておくだけでは、新生活の忙しい中でATMに行く時間がなかなか取れずに困ってしまうということもあるかもしれません。

また、18歳以上になるとクレジットカードの家族カードを持たせておくということもできますが、親のカードと同じ口座からまとめての引き落としになるので、使い過ぎなど管理が難しいこともあるでしょう。

その点、口座を決めてデビットカードを持たせておけば、カード1枚で支払いができる利便性と、決まった金額を預けておけるという管理のしやすさを両立することができます。

親御さんにとってもお子様にとっても、メリットの多い支払いツールとなるはずです。

ブラックでも作れる!クレカ審査が不安な方にもデビットはオススメ

デビットカードはクレジットカード審査に不安があるという方にもおすすめのカードです。

上でもご紹介した通り、デビットカードには入会時の審査がありません。

そのため、生活や収入の面でクレジットカード審査には自信がないけれど、キャッシュレス決済の手段が欲しいという方にも適しているのです。

それどころか、過去に金融事故を起こしてブラックになってしまっているという方でも、デビットカードなら難なく作ることができます。

即時決済でキャッシング機能もないので、久しぶりに、あるいは初めてキャッシュレス決済を利用するという方でも、支払い能力以上に使いすぎてしまうことがないのもメリットと言えます。

支払いもATM利用もできる!海外旅行でもデビットカードが便利

海外旅行の際にもデビットカードはとても頼りになります。国際カードブランドのデビットカードなら、海外の加盟店でも原則クレジットカードと同じように支払いに利用できます。

もちろん、国内利用と同じく基本的に即時決済なので、帰国後に高額な請求が来て支払いが大変!ということもありません。

さらにデビットカードがクレジットカード以上に便利なのは、ATMでの現地通貨の引き出しが可能という点です。

デビットカードの現地ATM利用なら、自分の預金口座からお金を引き出すだけなので、事務手数料以外の余分な手数料がかかることはありません。

借入額に応じて金利手数料が発生するクレジットカードの海外ATMキャッシングと比べても、使い勝手はよいといえるのではないでしょうか?

海外で便利!お子様でも安心!だから海外留学のおともにもピッタリ

お子様のお金の管理に最適、しかも海外利用にも便利なデビットカードは、未成年の海外留学などにも非常に相性の良いツールとなります。

最近では高校生のうちに海外留学を経験させる家庭も珍しくなくなってきています。

そんな時、海外での一人行動に慣れていないお子様にどのようにお金を持たせるかというのは、悩みの種の1つではないでしょうか?

デビットカードなら、海外でも現金よりも安全に、そして便利に利用することができます。支払いに使えるだけでなく、現地ATMでの預金引き出しもできるので、現金が必要なときにも困りません。

しかも利用状況は口座残高を確認すればすぐにわかるので、長期の留学でも安心して送り出すことができるでしょう。

ブランドで補償が変わる!おすすめデビットカード三菱UFJデビット

それでは最後に、おすすめのデビットカードとして厳選の1枚をご紹介しましょう。

今回おすすめするのは、三菱UFJ銀行が発行している三菱UFJデビットです。三菱UFJデビットは、VISAとJCB2つの国際カードブランドを選択することができます。

特徴としては、毎月のショッピング利用額に応じた自動キャッシュバックサービスが備わっており、キャッシュバック率は0.2%です。

また、三菱UFJデビットではデビットカードとしては珍しく利用限度額の設定が可能になっています。限度額はいつでも自由に変更が可能なので、例えば海外利用時など使い過ぎを防ぎたいときに活用するのもよいでしょう。

そのほか、三菱UFJデビットにはクレジットカードのような旅行保険やショッピング補償が付帯しており、万が一のときにも頼りになります。

なお、こうした補償サービスや対応の非接触決済サービスなどはVISAとJCBどちらのブランドを選ぶかによって微妙に異なってくるので、よく確認が必要です。

三菱UFJデビットのブランドによる違いを一覧でチェックしておきましょう。

項目 VISA JCB
旅行保険 ・海外旅行保険最高3,000万円
・国内旅行保険最高3,000万円
ショッピング補償 ・海外ショッピング保険年間最高100万円
※自己負担額5,000円/件
・国内ショッピング保険年間最高100万円
※自己負担額5,000円/件
海外ショッピング保険年間最高100万円
※自己負担額10,000円/件
不正利用補償 年間最高100万円 1事故当たり最高500万円
対応非接触決済サービス ・MUFG Wallet
・Google Pay
・Garmin Pay
・MUFG Wallet
・Google Pay
・Apple Pay

旅行保険はJCBの方が、ショッピング補償はVISAの方が手厚いというように、それぞれに特徴がありますよね。

よりデビットカードを活用するためには、こうしたブランドによる違いにも注目して選びましょう。

意外と使える!デビットカードで賢く便利にお金を管理

キャッシュレス決済というと、まずはクレジットカードに目が行きがちな方も多いと思いますが、実はデビットカードも思った以上に使いやすいサービスなんですよ。

家計管理専用に、お子様用に、海外旅行用に…などというように、ポイント使いで活用するのにもおすすめです。

今よりもっと賢く便利にお金を管理するために、ぜひデビットカードを取り入れてみてはいかがでしょうか?

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る